P10/16 TOP

          渡米訓練−まずはスクールの選定

            国内で、操縦訓練に挫折して以来、ほぼ10年近くが無為に経過、サラリーマン
           稼業も20年になろうとした時、会社の組織再編で、転勤を命ぜられることに。

            しかし、私には家庭の事情で転勤が許されません。会社にもその旨、昇進に不利
           な条件で登録してありました。が、部門拠点自体が無くなるので、止むなく退職を
           決意致しました。長年勤続した会社を退職するにあたっては、複雑な葛藤があった
           ことは、言うまでもありません。

            退職が近づいた2003年7月、退職後の自由になった期間に、アメリカで操縦
           免許が取れるかも知れないと思い、NETで検索して良心的そうなスクールに資料
           請求してみました。入校案内資料はすぐに届きましたが、自分の我がままで外国
           に渡るなんて、家族にも打ち明ける訳に行かず、そのまま放置していました。

            退職後の経過は色々とあったのですが、それは割愛させて頂いて、資料請求から
           9ヶ月ほどが経過した2004年4月に、スクールの東京事務所からメールが来て、
           今度、八尾空港で説明会が開催されるので、参加してみませんか? と言って来ま
           した。そこで、思い切って妻に相談し、参加することにしてみました。

            いざ説明会に参加してみると、担当者は人あたりもよく、親切で信頼できる人だと
           いうことが分かりました。内容は昨今の航空事情から、アメリカでの生活、資金計画
           など、誰でも抱く疑問は解消されました。

            学校の選定ポイントにあたっては、他のHPでも色々と説明されていますので、
           詳細は省略します。

            私の体験から言えることは、費用見積りが項目単位で明朗、機材・教官が豊富で、
           寮や送迎手段があり、現地の学校に直接質問ができる様なところが良いと思い
           ます。仲介人を通しての契約ではなく、現地学校が直接、日本オフィスを構えている
           ところがお勧めです。

Copyright(c) 2017 Lemefus. All rights reserved.